準備が大切!日本でできる英語力を伸ばす勉強法

英語力は身につけておいて損はない

外国に留学する際、よく英語が話せなくても大丈夫ということが言われます。
英語がわからないから留学するのでできなくて当然と思われるのですが、できて損をするということはありません。

逆に、語学学校や大学によっては試験がありある程度英語ができなければ合格できないということもあります。
英語のスキルがある程度あればさらに現地でスキルアップすることができたり、学校によっては奨学金が受けられたりするということもあります。
ですから留学前にある程度英語は勉強しておくべきなのです。

日本でもできる英語力アップのための取り組み

現地に行って英語を勉強するのですが、やはりある程度日本で英語の勉強をしておくべきです。
留学先に着いたらその瞬間から英語が話せたり聞けたりするようになるわけではありません。
到着して現地で少しの会話には困らない程度の英語力を身につけておいた方が困らないのはもちろんですが、自分自身の心の余裕にもなります。

英語が苦手な人が英語の勉強をするという際には何をすればよいかわからないものです。
そこで、まずは自分の実力を知ることが重要であり、TOEICかTOEFLといったテストを受けることから始めましょう。

こういったテストのスコアは留学先に提出を求められるということもあります。
学校によってはスコアによって足きりがあるということもあるので、留学したいと考えている人は2年ほど前からテストを受けることを始めてみることが望ましいです。

これらのテストであれば対策問題集が豊富に販売されています。
そのため自分の苦手分野がわかればその分野のスコアを上げるためのテキストを見つけて取り組むことができるので、取り組みやすいです。

そして、これは留学から戻ってきても役立ちます。
帰国してから同じテストを受けるとスコアがどのくらい伸びているのかを確認して留学での語学力の上昇を確認することができるのです。

中学程度の文法まではマスターしておく

英語の勉強としてどこまでをゴールにすればよいのかというのはとても難しい問題です。
目安として中学の英文法まではマスターしておくべきとよく言われます。

日本の英語教育は間違えている、学校の勉強をしていても外国では通用しないと思われていることが多いですがそのようなことはありません。
中学英語というのは外国で留学した際にも基礎となるものであり、知っておくととても役立ちます。
英語の勉強方法として中学内容の問題集を進めるというのはもちろんですが、CDのついているテキストにしてそれらに書かれている内容を音として聞くことも並行して進めると文法を身につけることだけでなく英語に耳が慣れて現地についても聞き取れることが増やせます。